「中古を買ってリフォーム」リフォーム費用はどこで借りるか

「中古を買ってリフォーム」最近は珍しくもなくなってきました。

ほんの数年前までリフォーム費用を物件と一緒に住宅ローンで借り入れることができるということも一般的ではありませんした。

住宅ローンを借り入れる場合、リフォーム費用の上乗せは物件の査定を超えることとなり、金融機関のリスクが高くなるため、審査はかなり厳しいものでした。

リフォームはリフォームローンという専用ローンがあります。かつてはリフォーム工事は、現金または車などと同じ信販系のリフォームローンを使っていました。

しかし、最近では多くの金融機関でリフォーム費用まで住宅ローンに組み入れることができるようになりました。

住宅ローンで一緒に組むメリットは支払い年数です。最長で35年間組めるので、月々の支払いが少なくなります。しかしその分福利の利息がつきます。

一方リフォームローンは長くても10年から15年が一般的です。短い分月々の支払いは多くなりますし、金利も住宅ローンほど安くはありません。しかし、住宅ローンと違い無担保なので、諸経費がかかりません。実は金利も昔にくらべるとかなり安くなっていますし、金利も変動ではなく固定金利です。

短く組むということはその分支払う利息も少ないということです。

月々の支払は大きくはなりますが、繰り上げ返済をする予定があるとか、リフォーム費用として借入れする金額が大きくなければ、リフォームローンの方がお得な場合もあります。

例えば

1000万円のリフォーム費用を借りる場合

リフォームローンの借入年数10年で比較してみます。

住宅ローンの金利0.625%(ずっと変わらなかった場合)10年後の総支払額は約1031万円

信販系のリフォームローン全期間固定金利1.8%の10年後の総支払額は1093万円です。やはり金利差でみると住宅ローンの借入手数料を引いても約50万円住宅ローンの方が安いです。

では300万円で比較してみると

こちらは住宅ローンは35年間、リフォームローンは5年と短く設定します。

住宅ローンの総支払額は約334万円、リフォームローンの総支払額は約313万円、リフォームローンは無担保で諸経費がからないので、住宅ローンの諸経費を込みにした場合では約26万リフォームローンの方がお得です。

しかし、住宅ローン減税は10年以上のローンが適用になるため、5年と短く組んだ場合は適用にならず、住宅ローンで組むと約32万円の戻りがあるため住宅ローン減税の適用がると住宅ローンの方が若干お得になります。

つまり、返済期間を短く、借入れ金額が多くない場合は住宅ローン減税が使えるか使えないかによってどちらがお得か変わってくるということです。

ローンを借りる際には返済方法や金額に合わせて一度検証してみるとよいと思います。

YouTubeもご覧ください!

 

 

 

中古を買ってリフォームの進め方

中古住宅を購入してリノベーション(リフォーム)

最近では当たり前のワードとなってきました。

かつては物件価格とリフォーム代の合計金額に対して金融機関がネガティブだったことや、中古ってなんか怖い・・という印象から、わざわざ中古物件を購入して綺麗にしようという人は稀でした。

最近では新築を買う気はない!というくらいの思いで中古物件を探している方も少なくはありません。

ただ一つ新築マンションや新築建売と違うのは時間の感覚です。

新築マンションは申し込みから引き渡しまでは結構な時間の余裕があり、じっくりと検討する時間もありますし、新築マンションも建売も完成したものを買うので、お金を支払えばすぐに引っ越せます。

 

しかし中古物件を購入してリノベーションとなると、物件の引き渡しを受けたあとにリフォーム開始ですから、住宅ローンで購入する場合は、物件の引き渡しと同時に住宅ローンの支払いが始まり、リフォーム工事が終わるまで引越しができません。

そのため、住宅ローンと賃貸にお住まいであれば家賃が同時に支払う必要があります。

物件の契約と同時に引き渡し日が決まりますので、リフォームプランや工事会社がなかなか決まらないから物件の引き渡しを待ってほしいという話もできません。

物件探しの段階では、中古物件は世の中に一つとして同じものはなく、同じ分譲地で同じ家があったとしても、売りにでていなければ買えません。

ですから気に入ったら即契約をしなければ、他の方に買われてしまいます。二度と同じ条件の物はありませんので、即決が必要です。

即決するためには、リノベーションプランや価格のイメージをあらかじめ持っておくことと、その物件自体でイメージ通りのプランができるかどうかの判断ができるかです。

引越し時期や資金に余裕のある方はよいですが、賃貸にお住まいの方は、なるべく早く引越ししたいですよね。だから中古購入+リノベーションは時間との戦いなのです。

「物件もリフォームプランもすぐに決断する」

そのためには、まず自分が頼みたい会社やプロデューサーや仲介会社などを決めていくことです。

YouTube公開中です!

 

「住宅ローン」変動金利か固定金利の決め方

固定金利と変動金利どっちがお得!

よくあるフレーズですね。

どっちがいいのか?実に悩ましい問題です。

金利は借入残高に対してかかる利息。
借入額が多ければ多いほど金利負担に差がでます。たとえ0.02%であっても長期の借入であればかなりの差になるものです。

変動金利が0.457%や0.625%にまでなると、やはり変動金利を選ぶ方が良い気もしますが、
フラット35のような35年間固定金利でも変動金利に負けない低金利!
長い目をみれば、こんなに安い長期固定金利も見逃すわけにもいきません。

変動金利のリスクはなんといっても変動すること
そしていつ上がるはわからない。
景気に左右されるものですが、実際住宅ローン金利は一向に下がるばかりです。

*変動金利は基準金利からの優遇金利になりますので、正確に言えばここ数年優遇幅は大きくなっています。

それでも住宅ローンを借入れする際にはどちらかを選択しなければなりません。

選択する際の目安となるように
いつ変動金利が上がったら固定金利を超えるのかをシュミレーションしてみました。

借入額5500万円 35年間借り入れた場合

固定金利フラット35S VS 変動金利0.625%

ずっと変動金利が上がらなかった場合、毎年上がった場合、5年後、10年後、20年後に上がった場合

この表を見ると、金利がずっと上がらず20年後に1%上がった場合以外は少しずつ上がると今のフラット35の方がお得です。

しかしここ20年金利は、ほぼ上がっていません。1%の上昇までいかず0.数パーセントであれば変動金利の方がいいのかもしれません。

金利の選択は最後は自己責任です。いくつかのパターンをシュミレーションしてみて、決断するというのがベストな選択だと思います。

「住宅ローン」ネット銀行の安い金利は本当にお得か!

住宅ローンの変動金利はかつてないほどの低金利時代です。

その中でもネット経由で審査をする、またはネット専用の銀行ネットバンクの変動金利は0.457%(2019年11月1日現在)更にサービス商品で安くするような住宅ローンもあります。

金利が安いのは借り入れる側からすれば大いに歓迎!しかしどこかに落とし穴がないだろうかと疑いたくもなります。

ネットバンクと通常の銀行ローンと大きな違いがひとつ

それは、住宅ローンを借り入れる際の仕組みです。通常は金融機関が保証会社をつけて、万が一借りている人が支払いができなくなった場合、代わりに弁済してもらうために、借入れる人がその保証料を支払います。

大体借入額の0.2%です。その保証料がネットバンクにはありません。その代わり銀行は手数料が約3万円くらいなのに対してネットバンクは手数料は2.2%

保証料と手数料がほぼ同額です。

諸経費としては同じですが、保証料は借入期間中、例えば35年であれば35年間分を前払いすれば、途中で完済した場合、前払いした保証料は返ってきます。手数料は初めに支払うので途中では戻ってきません。よって10年くらいで買替や借り換えなどを考えるのであれば保証料が戻るほうがお得なのかなと思います。

 

しかし金利差が0.2%。総支払額からみるとかなりの開きがでます。

実際保証料がいくら戻ってくるかは公表されていませんが、りそな銀行のHPを参考に比較シュミレーションをしてみました。

 

結果、やはり金利差が総支払額にかなり影響するため、ネットバンクで安く借入れができる人はその方がお金の面ではお得です。

 

しかし、ネットバンクは申し込みから手続きまで基本的にはご自身で行わなければなりません。不動産売買取引となると、すこし面倒かもしれません。仲介会社さんが協力的であれば問題ないですが、そうではないと労力がかかることもあります。

また、安い金利をうけるには個人属性や物件の担保評価など審査基準も厳しくなります。ネットバンクでお考えであれば、物件選びの際も意識して進めることをお勧めします。

YouTubeも公開中です!

不動産登記費用を安くする方法

不動産登記費用を安くする方法

不動産の売買にかかる諸経費の中には必ず不動産登記費用というのもがでてきます。

不動産売買に慣れていないと、司法書士の報酬まで考えが及ばず、登記費用の請求書をみたとき、こんなに高いのか!と思う人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、自分で司法書士を探して相見積もりをとるのは不安ですよね。

ポイントさえ押さえておけば、お得に取引することができますので、そのポイントをお話したいと思います。

まず、登記には二種類あって、不動産の所有権移転に伴う登記費用と住宅ローンを借入れた際に必要な抵当権の設定登記費用です。
その内訳は登録免許税という税金これは不動産の固定資産税の〇% 借入金額の〇%(購入する物件によって変わります)
その手続きを行う司法書士の手数料です。

税金は決まっているので安くすることはできませんが、司法書士の手数料は価格交渉の余地ありです。
司法書士の手数料は以前は報酬規程によって決まっていましたが、現在ではおおよその目安をもとに請求されています。そのため司法書士事務所によって同じ物件取引であっても違います。

しかし、借り入れる金融機関によっては手続きをする司法書士を指定くることがあるので基本従わなければなりません。
なぜかというと、抵当権の設定などは金融機関からの書類などの受け渡しがあり、金融機関からするといつも慣れたところがよいという理由があるからです。

その場合でも、交通費や諸経費などが見積書の中にあれば、もう少し安くしてほしいと交渉すれば応じてくれるところもあります。

不動産業者指定や販売の段階で司法書士限定という業者が自ら売主の場合もありますが、値段に不満があれば交渉しても大丈夫です。

しかし、司法書士さんもプロとして仕事をしているので、根拠のない交渉はお勧めしません。

登記は所有権の移転と抵当権の設定ですが、住宅ローンを借入れなければ抵当権の設定はかかりません。その2つは同時に行うので一緒に手続きをするので一式で少し交渉とか、日当と交通費が別途かかっていたら、その分は値引きしてほしいとか、証明書取得などは自分で行うなど、司法書士さんの手間を省く分交渉するというのはフェアな取引だとおもいます。

ただ安くして!というのではなく、見積もりを早めにとって、どうしたらもう少し安くしてもらえるかをぶっちゃけ相談してみる!というのが一番の策ではないでしょうか。

YouTubeもご覧ください

 

 

自己資金「1500万円」借りる?借りない?

住宅資金が現金で1500万円あるのだけれど、自己資金として住宅資金の一部に入れるべきか?使わずに借りた方がいいのか?金額はともかく、よく質問されることです。

住宅購入といえば資金計画は悩ましいところです。

自己資金、頭金と言葉も紛らわしいですが、要は住宅を購入する際にどのくらいの現金を用意するかです。

諸経費込みの住宅購入資金計画が決まれば、あとは現金をいくらいれるかで、住宅ローンの借入金額は変わってきます。

昨今の低金利では借りてしまった方がいいのか?それでも借入れは少ないほうがいいのか?どっちがいいの!と考えますよね。

結局のところ、この先の金利上昇については誰もわからないのですから、ここは自分の考え方ひとつといったところでしょう。

それでもなにか手掛かりになるようなものとして
いくつかシュミレーションをしてみました。

金利が0.625%で借入れして、住宅ローン減税でローン残高の1%が戻ってくるということです。その数字だけみると借りてる方が得じゃん!と思いますが、借り入れるときには、保証料や手数料、もちろん安くても金利はかかります。

ポイントは組み合わせをどうするか!です。

【 例1 】
土地4800万円 新築消費税込み2200万円 (諸経費は考えないものとします)
自己資金1500万円
借りる?借りない?

借りる場合:住宅ローン7000万円35年 金利0.625%(ずっと上がらないという条件)
借りない場合:住宅ローン5500万円 〃

この例ですと

7000万円借入諸経費が約160万円5500万円が125万円で差額35万円に対して住宅ローン減税の戻りは一緒です。よって自己資金は入れてしまった方が経費は安いです。逆に考えれば万が一のために1500万円の現金をとっておいても良いくらいの考えもできますね。

他の安全な投資をするほうが有効的に使えるという考え方もできます。

【 例2 】
所有する土地に家を建てる場合
建築費 5500万円(消費税込み)

全額借入5500万円 35年金利0.625%
借入金額4000万円 〃

5500万円借入諸経費が約125万円4000万円が90万円で差額35万円に対して住宅ローン減税の戻りは500万円と437万円なので、63万円5500万円を借入れしたほうが多く受け取れますので、こちらの比較では借入れした方がお得ということになります。

【 例3 】

単に1500万円を借り入れた場合

さきほどまではわかりやすくするために、総支払額の金利は計算にいれていませんので、ここで総支払額も考慮した数字でみていきます

借入1500万円 35年金利0.625%

ローン諸経費8万円、利息分35年で170万円の合計で178万円、それに対して住宅ローン減税の戻りが164万円です。ここだけ見ると借りないほうが14万円得します。

しかしそもそも1500万円現金であるので、住宅ローン減税を利用したあと、すぐに残債を繰り上げ返済してしまうことができます。

13年後にローンを完済してしまうと金利の負担分が減り利息の合計は101万円、それと諸経費をプラスしても109万円、住宅ローン減税分と比較しても、借入れしているほうが55万円お得になりますね。

自己資金をどうするか?悩んだらシュミレーションをしてみるとよいですね。

youtubeで解説をしています。是非こちらをご覧ください。

2019年住宅ローン減税3年延長は本当にお得か

住宅ローン減税はご存知の方は多いとおもいますが、簡単に言えば、新規で借り入れた住宅ローンの年末残高に対して1%または納税した所得税等の金額の低い方が減税される制度です。

詳しくは↓
http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/

ここしばらくの間はその減税金額の最大が10年で400万円(長期優良住宅で500万円)であったのですが、2019年10月1日より消費税が10%に引き上げられた特別措置として10年を3年間延長することになりました。

消費税が8%から10%になる間際であればこれはメリットがあるか?ないか?というジャッチになるところですが、既に10%になってしまった今、ところで3年延長の恩恵はあるのかどうかということが気になります。

ちなみに3年延長は1%が単に延長されるわけではなく、消費税がかかる分2%相当分が減税されるので消費税が8%でも10%でもあまり変わるようなものではありませんでした。

それでは本当にメリットがないかというと、これから家を買う人にとっては重要なポイントが2つあります。

ひとつめは消費税が2%上がる分が対象であるということなので、土地や個人間売買の中古物件は該当しません。つまり関係ないということです。しかし、売主が業者の場合は消費税を支払わなければならないので、中古であっても建物分には消費税がかかります、新築の建売住宅やマンションも同じです。そのため業者から購入する場合は3年延長分の対象になり、住宅は内税なので消費税を別途支払う必要がありません。購入価格を支払い、減税の対象になるのですからメリットがありそうです。

 

もうひとつは、居住時期です。2019年10月1日から2020年12月31日までに居住した場合ですので、2021年1月1日以降に居住した場合は現行のままですと10年間に戻ります。もし2021年の年度末までに家を買おうかと思っているのであれば、少し早めてみるのもよいのではないでしょうか?

実際どのくらいの金額のメリットがあるのか具体的に検証してみました。

↓是非youtubeをご覧ください。

長期優良住宅ってお得なの?

「長期優良住宅」どこかで聞いたことはあるけどイマイチわかってないという方も多いはず。
簡単にいうと、9つの適用基準をクリアし認定された住宅のことです。

詳しくはこちら↓
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000006.html

今の新築の標準仕様でも昔に比べると十分快適になっているため、特に長期優良に拘る必要もないかと思いますが、最近ではより省エネルギーや耐震性が気になる環境になっていますので、やはり新築時には検討しておく必要があるワードではないでしょうか?

ポイントとなるのは適用基準をクリアするためにいったいいくらくらい建築費がアップされるのかという点です。

当社でざっくり試算すると25坪くらいの新築で180万~200万円くらい。(工務店)

もちろん建築する会社によって価格はかわりますが、新築の値段が高いハウスメーカーなどはそもそも高性能な住宅である場合も多いので追加でなくても適用基準をクリアできることもあります。

肝心のメリットですが、主には税制優遇です。その税制優遇の中でもインパクトがあるのが住宅ローン減税、最大優遇が400万から500万円になり100万円の差がでます。もちろん最大優遇ですので、借り入れている住宅ローン残高、所得税等によっても変わります。
他フラット35(住宅支援機構)を利用する場合は、金利優遇の期間が10年引き下げられます。

逆に考えると住宅ローン減税が最大受けられる条件でありフラット35を借入れる方にはメリットが大きいですが、変動金利を検討の方には優遇のメリットはないということです。

 

しかし住宅の性能を上げるということは、ランニングコストや安心、安全のメリットがあります。

長期優良住宅の恩恵を受けたいという理由ではなく、幸せな暮らしのために性能を上げるということを考え、せっかくなので優遇の恩恵を受けるか・・くらいに考えてもよいかもしれませんね。

 

簡単事例で検討してみました。

↓youtubeで是非ご覧ください。

住宅ローン「金融機関の選択」

不動産を購入するときに大きな悩みのひとつである「住宅ローン」

なんとなくわかってはいるものの、いざ借入れをするとなれば、どこの銀行で変動金利か固定金利か!一体誰に相談すればよいのかということも悩みの種になります。

どこで借入れするかといえば、都市銀行、地方銀行だけでなく、信用金庫、労金などの金融機関やネットバンクやフラット35のような住宅支援機構と、選択肢は様々。

何も考えていなければ、不動産の仲介会社さんに進められるまま、都市銀行でのお借入れとなってしまうでしょう。

都市銀行はとても便利でよい選択肢ですが、物件や自己資金などによっては、ネットバンクや地銀などのほうがより良い金利や条件を出すこともあります。

また35年間固定金利を選択しようと思えば、フラット35となりますが、審査の申し込み先であり、住宅支援機構の取次店である金融機関によって、手数料の価格などマチマチですので、少しお勉強されるのをおススメします。

金融機関の種類と特徴について動画を配信しています。

どうぞご覧ください↓
https://www.youtube.com/watch?v=HcSe2SQmk00

初めての家探し「一番最初に必要な情報とは」

家を買おうと思ったけど何から始めていいかわからない

初めての家探しは不安がいっぱい!そしてわからないことだらけです。

まずは物件をネットで見てみることから始めたけど、価格は様々…。いったいどの金額が正しいのかといった悩みに直面します。

まず始めることは、心の準備

何のために家を買うのか?「楽しく暮らす」ためです。

楽しく暮らすとは何かを考え、その条件にあった不動産を選択していくためには、自分に必要な正しい情報を収集することがポイントとなります。

世の中には多くの情報であふれています。すべてを信じてしまうと、訳がわからなくなってしまいます。自分にとって必要な情報をとるためにはまず自分自信が何のために家を買うのかということを理解し、資金計画、建築、不動産という3つの視点で情報を収集していくことから考えましょう。

↓そんな超初心者向けにお話ししている動画をご覧ください<(_ _)>

https://youtu.be/ju-FGmgwOLI