建築家を決めるときに確認してほしいこと|『住宅取得』失敗しない家づくりスタイルオブ東京

  • LINEで送る

ハウスメーカーでは希望の家が建てられない!という理由で建築家に設計を頼む。
すべて自由に選ぶことができるメリットは大きいですが、
その分リスクも大きいということにもなります。

私がおススメする建築家の選び方は
はっきりNOを言ってくれる人です。

なんでも顧客のいうことを聞く人は、できない約束をしてしまう人かもしれません。
建築には基準法があり、その土地には様々な制約条件が付きます。
敷地の面積が大きく、首都圏でなければ余裕はありますが、
そうでなければ、基準法にのっとった建物をつくらなければなりません。

例えば、大きな窓をつけてビューを楽しみたいのに、
防火地域であれば、網入りやシャッターをつけなければならず、両方を却下したければ耐火ガラスを使わなければならない。

コストUPです。

限られた予算と建築の制限の中で、拘りをどうやって実現してくれるか

それが本当のいい建築家です。

そのためには、顧客のいうことをすべて聞いてはいられません。
優先順位をきちんと提案してくれること。

しかも、プラン段階で!

デザインだけでなく、法規やコストの知識も必要。
すべてを備えてる人を見極めるは難しいかもしれません。
しかし、口がうまい、ノリがいい、デザインの話ばかりする・・・そういう人を選ぶよりは、
口下手だけど、きちんと答えてくれる人を選んだほうがよいかもしれませんね(*^^)v

 

ご相談はスタイルオブ東京まで
http://www.styleoftokyo.jp/#pro

 

  • LINEで送る