家を一から建てるには、まず依頼する建築先を選ぶ必要があります。
建築先には主に「ハウスメーカー」「建築家」「工務店」などがありますが、
何がどう違うのかわからなければ選びようもありませんよね。
そこで今回は、その3パターンから自分にあった建築先を見つけるヒントをご紹介します。

ポイント

建築業者について

あなたの求める
住宅の建て方はどれ?
各建築業者の
メリット・デメリット

自分らしい住まいを叶えるためにはどこに依頼したら良いのか。
まずはそれぞれのメリット・デメリットを知った上で、検討してみましょう。
依頼先のタイプが決まったら実際に問い合わせて話を聞きに行くことも大切です。
その会社の考え方やスタッフの対応などの感触も、自分と相性があう、あわないのヒントになります。
家づくりという一生に一度とも言える重要なことを依頼するのですから、じっくり慎重に選びましょう。

メリットデメリット
全てトータルに任せられるので手間が少ない。
大企業ならではの安心感。
アフターケアや保証も用意されている。
ハウスメーカー 主要部材が予め用意されているため、決まった中からしか選べずオリジナリティが出しにくい。
自分のイメージにあわせ、唯一無二の住宅を提案してくれるため、こだわりの住宅を作ることができる。建築家・建築
プロデュース
会社※
こだわればこだわるほど、価格に全て反映。結果的に膨大な費用がかかることも。
直接頼める分、一番安いコストで住宅を作れるのが魅力。
設計と施工の両方を一社で担うのが基本。
デザイン系設計の工務店であれば、自分の好みを反映しやすいメリットも。
工務店 地元密着型で小規模な会社が多く、サービスや品質もピンキリ。その分、自分にあう会社を選ぶ時間と手間がかかる。
メリット
ハウス
メーカー
全てトータルに任せられるので手間が少ない。
大企業ならではの安心感。 アフターケアや保証も用意されている。
建築家・
建築プロ
デュース会社※
自分のイメージにあわせ、唯一無二の住宅を提案してくれるため、こだわりの住宅を作ることができる。
工務店 直接頼める分、一番安いコストで住宅を作れるのが魅力。
設計と施工の両方を一社で担うのが基本。
デザイン系設計の工務店であれば、
自分の好みを反映しやすいメリットも。
デメリット
ハウス
メーカー
主要部材が予め用意されているため、決まった中からしか選べずオリジナリティが出しにくい。
変更にはオプションで追加費用がかかる。
建築家・
建築プロ
デュース会社
こだわればこだわるほど、価格に全て反映。結果的に膨大な費用がかかることも。
工務店 地元密着型で小規模な会社が多く、サービスや品質もピンキリ。その分、自分にあう会社を選ぶ時間と手間がかかる。

建築プロデュース会社とは、中立的な立場で購入者の希望や条件に合う建築家を選び紹介してくれる会社。登録リストからや設計コンペで選んだりなどシステムは様々。しかし、施工会社は予め決められた提携先からしか選べないケースもある。